【ねこたまご】いよいよ里親募集開始!238頭多頭飼育崩壊レスキューのその後

新型コロナ感染症による緊急事態宣言が出された最中、札幌市で全238頭にもおよぶ多頭飼育崩壊が発生。

 

前回、その悲惨な現場にレスキューに入られた「一般社団法人ねこたまご」さんのレスキューの様子をお伝えしました。

 

ねこたまごさんは、妊婦猫10頭を含む全19頭を引き受けました。

 

レスキュー後、妊婦猫さんが出産。

育ってきた環境が良くなかったため栄養状態が悪く、死産や育たない子も多くいましたが、無事に出産し成長している子猫たちは総勢24頭になっています。

 

いよいよ、すべての子猫が離乳をしこれから続々と里親募集開始です!

 

今回は悲惨な現場を生き抜いた2頭のお母さん猫から、無事に生まれ育っている8頭の尊い小さな命の成長と様子をご紹介します。


▶前回の記事はこちら:【ねこたまご】新型コロナによる保護活動への影響について

 

市内史上最悪とも言われた多頭飼育崩壊現場の様子

母猫クロちゃんと5頭の白黒天使たち

とても穏やかな性格のクロちゃん。

あの劣悪な多頭飼育崩壊現場から3月末にレスキューされました。



レスキュー後、6匹の子猫を出産しました。残念ながら1匹は死産でした。

 

子育てにも慣れていて5匹もの子猫をせっせっとお世話。

 

 

育児に少し疲れてくるとボランティアさんの元へやってきて、抱っこを要求。

 

本当は甘えたいけど甘えられない日々を過ごしてきたクロちゃん。

これからは安心して、存分に甘えられる生活が待っています。

 


 

無事に離乳となった5匹の子猫たちは、2組に分かれて 離乳組のボランティア宅へ移動しました。

 

~浅緋くん、藍ちゃん、茜ちゃんの3匹の預かりボランティアさんより

 

左から、浅緋(あさひ)くん、藍(あい)ちゃん、茜(あかね)ちゃん

 

『3匹べったりだった最初に比べると、仲良しではありますが個々の性格がハッキリして別々の時間も過ごすようになってきました。
みんな動きもパワフルになり毎日が運動会です。

 

あさひくんはおしゃべり大好き、寂しがりやの天然男子

あかねちゃんは何をしてても面白い、お笑い担当、活発女子

あいちゃんは呼ぶとお返事をしてくれる、おっとり癒し系女子

 

3匹に共通してるのは夜は一緒に布団で寝ても決して布団の中には入らないことと、掃除機が怖いこと』


~亜麻くん、浅葱ちゃんの2頭の預かりボランティアさんより

 

亜麻(あま)くん、浅葱(あさぎ)ちゃん

 

『いつも仲良しの二匹、来たばかりのときはヨチヨチ歩いていましたが、今ではキャットタワーのポールもガシガシ登れるようになりました。

遊ぶときはもちろん、寝るときもいつもくっついています。

 

あまくんはニャーニャーおしゃべりで手を出すとペロペロペロペロしてきます。

あさぎちゃんはちょっと慎重派。ですが抱っこしたり毛布にくるまれるとすぐうとうとしちゃいます。』

母猫しろちゃんと3頭の子猫たち

次にお伝えするのは、ねこたまごさんがレスキューした妊婦猫さんの中で最後に出産した白猫しろちゃんです。

しろちゃんは育った環境が悪かったためでしょうか、目が癒着してしまっていました。

 

 

しろちゃんはこれまでに出産経験はあったようですが、

出産後の胎盤の付いたまま仔猫を前にどうしたら良いか分からない様子でした。

 

多頭飼育崩壊の現場では、生んだとしても子猫は生き延びることすら出来ない環境だったのです。

 

 

ボランティアがへその緒を切り体を温め、おっぱいを吸わせると一気に母性が目覚めたようでお世話を始めたしろちゃん。

 

それからはご飯を食べる事を忘れてしまう位の仔猫に付きっきりで子育てに没頭。

 

子育て中のしろちゃん

 

~しろちゃんベビーズの預かりボランティアさんより

 

左から、小麦ちゃん、琥珀くん、紫苑くん

 

毎日可愛い足音いっぱいに、マックスパワーで走り回っています!

 

小麦はお鼻と右顎の黒色がチャームポイントの女の子。一番小柄ながら、一番機敏でいろんな場所に登るのが得意です。

琥珀は白黒ハチワレの男の子。人にも猫にも甘えん坊で、いつも誰かと一緒にいたいアピール全開です。

紫苑は真っ黒な男の子。マイペースながら好奇心が旺盛で、いろんな場所を果敢に探検し、行動範囲を広げています。

 

3匹で追いかけっこをしたり、シャカシャカ棒を追いかけて走ったり飛んだり、とにかくなんでも遊びにして走り回ります。

遊び疲れるとお気に入りのキャットタワーの小さなお部屋で3匹仲良く眠ります。

日々、よく食べ、よく遊び、よく眠り、3匹元気に成長しています!』

 

 

いよいよ、里親募集開始!

レスキューから3か月半、ボランティアさんのケアを受け順調に元気いっぱい育っている238頭多頭飼育崩壊レスキュー2代目の子猫たち。

母猫のクロちゃんとしろちゃんも子育てを終え、ずっとの家族を探します。(7月10日追記…クロちゃん里親決定しました!)

 

 

しかし、世の中はまだコロナ禍。
ふれあいスペースは完全予約制で1組ずつのご案内にしたりと工夫しながらの里親探しです。

 

 

生きることのできなかった子の分、今まで過酷な状況をがんばって生き抜いてきた分、どうか幸せを掴めますように。

 

 

札幌市動物管理センターに収容された乳飲み子のレスキューも待ったなしで続いています。

引き続きご支援をいただけますと幸いです。

 

 

 

*********************************

「一般社団法人ねこたまご」さんのご紹介・ご寄付のページはこちらからご覧いただけます。

Amazon動物保護施設支援プログラム から物品支援ができます。 ねこたまごほしい物リスト

 

※掲載の文章・写真はアニマル・ドネーションが許可を得て掲載しております。無断転載はお控えください。

*********************************