税金控除の対象

アニマル・ドネーションは「公益社団法人」です。ご寄付をいただきました個人様・企業様は寄付金の優遇税制対象となります。所得控除税額控除から、いずれか有利な方を選択することができます。

寄付金額の約半額が戻ってきます

多くの場合、税額控除を選択されると所得税額が少なくなり有利となります。
寄付金から2,000円を引いた額の最大50%(所得税40%+住民税10%)が戻ってきます。

例えば、5万円を年間に寄付した場合、2000円を弾いた48000円の50%が還付され戻ってくるのです。

 

例えば東京都港区在住の方の場合

 

年間12,000円の寄付(ひと月に1,000円)

所得税分(12,000円ー2,000円)×0.4=4,000円

住民税分(12,000円ー2,000円)×0.1=1,000円

4,000円+1,000円=5,000円

年間60,000円の寄付(ひと月に5,000円)

所得税分(60,000円ー2,000円)×0.4=23,200円

住民税分(60,000円ー2,000円)×0.1=5,600円

4,000円+1,000円=29,000円

※住民税も寄付金控除の対象となります。例えば東京都港区の場合は、控除割合は最大10%(都道府県民税4%/市区町村住民税6%)となります。ただし、各自治体によって異なります。
※控除額には一定の上限額があります。所得税率の高い方は、所得控除の方が還付額が大きくなる場合もあります。確定申告の際に税務署にご相談ください。
※2018年5月28日までのご寄付は所得控除のみとなります。詳しくは下記の「個人の方が寄付をされた場合」内をご確認ください。

なぜ50%もの優遇措置があるのでしょうか

私たちアニマル・ドネーションは公益社団法人です。公益法人とは社会のために活動する法人として日本の内閣府に認定された団体です。その公益法人の中でも、すべての団体が税額控除対象として認定されてはいません(平成30年3月時点で全公益法人内の約1割の法人が認定 出典:公益認定委員会だより)。当法人は2018年5月29日に税額控除対象の法人の仲間入りをいたしました。

社会のために活動するということは、社会問題を解決することです。その活動には多くの支援を必要としています。優遇措置は寄付者の方だけでなく、私たち中間支援組織でもあるアニマル・ドネーションが動物のために活動する団体支援の資金を集めやすくなります。優遇措置は、寄付活動をより後押しするために国が作った素敵なギフトだと思っています。

対象期間について

オンライン寄付(クレジットカード決済)の場合11月1日〜翌年10月31日の間にご決済をいただいた方

※オンライン寄付は決済システムの関係上、締め日から翌々月の10日にアニマル・ドネーションへの入金となるため、上記の期間となります。

銀行振り込みの場合(主に企業・団体様)1月1日〜12月31日の間に口座振り込みをしていただいた方

個人様 確定申告お手続き

  • ご寄付金額に対して「領収書」を発行いたします。その際に、「名前・郵便番号・住所・電話・メールアドレス」を正確にご入力ください。
  • 寄付金控除を受けるためにはご自身での確定申告が必要となります。その際に、アニマル・ドネーション発行の「領収書」と「税額控除に係る証明書」が必要となります。
  • 「領収書」は対象期間内に受領した寄付分をまとめて翌年1月下旬ころに送付いたします。
  • 「領収書」の再発行はいたしかねます。ご了承ください。
  • 「税額控除に係る証明書」はこちらからダウンロードしていただき、確定申告書に添付をしてください。
  • 2018年5月29日より内閣府から、税額控除の資格を有する公益社団法人として認定されました。これにより、2018年5月29日以降の皆さまからのご寄付は所得控除または税額控除のいずれかの対象となります。※2018年5月28日までのご寄付は、所得控除のみの対象となりますので、ご注意ください。

法人様 お手続き

  • アニマル・ドネーションを経由しましたご寄付は、一般寄付金の損金算入限度額に加えて特別損金算入限度額が設けられております。その額には、法人税が課税されません。
  • アニマル・ドネーションが発行する「領収書」が必要となります。「領収書」については、ご寄付の入金の際に、担当よりご案内をさせていただきます。

寄付金優遇税制について
国税庁HP https://www.nta.go.jp/publication/pamph/koho/kurashi/html/04_3.htm