4つの活動分野

アニマル・ドネーションは、動物に関する4分野の団体を寄付先としています

保護団体
介在団体
伴侶団体
啓発団体

それぞれの分野の説明と、選ぶ際の観点などを説明します。

保護団体

迷い動物や飼い主による放棄により行政の動物愛護相談センターなどに収容されている動物を保護し、新しい飼い主さんを見つける活動をしています。現在(平成28年4月)、動物愛護管理行政業務を行っているのは、全国114の自治体(47都道府県、20政令指定都市、47中核市)です。民間の保護団体に動物の譲渡を許可していない自治体もあります。
保護団体には、さまざまな特徴があります。保護施設を持つ団体、自宅で保護された動物を預かるネットワークでレスキューしている団体、また特定の犬種のみに特化した団体など、人数も活動エリアもそれぞれ特徴があります。

保護団体にまとめて寄付をする

介在団体

動物と触れ合うと精神が安定したり、オキシトシンという幸せホルモンが出て人間にメリットがあります。その効果を生かし「動物介在教育」「動物介在療法」「動物介在活動」というような活動をしている団体です。もちろん参加している動物たちの福祉も配慮された活動です。

介在団体にまとめて寄付をする

伴侶団体

伴侶団体とは、人間の暮らしをサポートする犬たちを育成するための団体です。たとえば、目が不自由な人をお手伝いする「盲導犬」、耳が不自由な人をお手伝いする「聴導犬」、手足が不自由な人をお手伝いする「介助犬」などで、特別な訓練を受けたのち認定されています。
犬たちを育成する団体は、全国にあります。育成方針等はそ