【第36号 ねりまねこ】人と猫が平和に暮らす社会の実現を目指し活動

認定団体様は、アニマル・ドネーションからの寄付金をどんなことにお使いになっているのでしょうか?
今回は保護団体『特定非営利活動法人 ねりまねこ』さんに、2019年1月にお届けした96,785円の使い途をお聞きしました。

 

寄付はセミナーやイベントなどの運営費に

ー今回の寄付を何にお使いになりましたか?

 

「私達が主催する様々なイベントの運営費に充当させていただきました。
(地域猫セミナー、行政セミナー、ボランティア連絡会、シンポジウム、譲渡会など)

たくさんの方に参加していただけるように参加費は無料にして、会場費などの運営費は全額負担しております。」

 

誰でも気軽に参加できる!300人以上集まる「猫シンポジウム」を開催

ーご寄付をいただいた方へメッセージをお願いします。

 

「ご支援くださり心から感謝します。
猫が好きな人はたくさんいますし、猫を助けたい人も結構いますが、実際にボランティア活動をする人はとても少ないです。
普通の人が無理なく、できる範囲で、気軽にボランティアに参加してもらえるように、保護活動と同じくらい力を入れているのが広報・啓発活動です。

その中でも「猫シンポジウム」は最大のイベントで今年で4回目となります。
同じ思いの人達が全国から300人以上も集まってくださり、私達も毎回感動させられます。
来年も素敵なゲストをお招きするのでぜひいらしてください。」

 

 

犬や猫を救う活動というと、直接保護をする「保護活動」をイメージされる方もいらっしゃるかもしれません。

犬や猫を取り巻く悲しい状況は人の知識や人の事情に大きく左右されます。
少しでも犬や猫のために行動したい!という方は、保護活動を実際にする以外にも「知る」ことも選択肢のひとつだと思います。

 

ねりまねこさんのご紹介・ご寄付ページはこちらです。

 

 

※掲載の文章・写真はアニマル・ドネーションが許可を得て掲載しております。無断転載はお控えください。