【公益財団法人 東日本盲導犬協会】 寄付金の使い途レポート

2021年2月末(¥59085)にお届けしたみなさまからのご寄付はどのような使い方をされているのか

公益財団法人 東日本盲導犬協会さんに伺ってきました。

今回の寄付を何にお使いになりましたか。

「今回の寄付は主に、訓練犬やパピーたちの医療費として使わせていただきました。

具体的には去勢・不妊の手術費用やワクチン接種費用、体調不良時の診療費や薬代などに

充てさせていただいております。」

パピーウォーカーさんにお腹を見せてコミュニケーション

 

 

「パピーウォーカーさんのお住まいは栃木県のみならず、関東近県に広がっているので

それぞれにかかりつけ獣医を決めていただき、体調不良時に受診できるようにしています。」

寄付をいただいた方へメッセージをお願いいたします。

「盲導犬の育成事業にご支援いただき、ありがとうございます!

訓練犬のうち、盲導犬になれる確率は約3割程度。資質のある、楽しくお仕事できる犬だけを盲導犬にしていきます。

そのため、盲導犬を1頭育てるには約500万円の育成費用がかかっていますが、そのうちの約9割が皆様からのご寄付に支えられています。

皆様の貴重なご浄財が、盲導犬と視覚障害者の皆さんの支援になっています。今後ともご支援ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。」

 

 

********************************************************

公益財団法人 東日本盲導犬協会さんのご紹介・ご寄付のページはこちらからご覧いただけます。

※掲載の文章・写真はアニマル・ドネーションが許可を得て掲載しております。無断転載はお控えください。

********************************************************