横田高校(島根県 出雲町)動物の仕事を目指す生徒さんへ 動物福祉について

 

将来に夢抱く高校生へ。動物福祉業界を知ろう

島根県にある横田高校

横田高校では、試験的にスタートさせた<学炉・たたらボ>という放課後活動があります。さまざまな業界で活躍する人を招いての講義です。社会へ飛び出していく高校生が知ることによって自分の未来を描けくサポートです。

第2回目、アニドネ 代表 西平衣里へ依頼があり、放課後の時間を使ってセミナーを実施いたしました。

 

◆日時:2021年12月10日金曜日 16:00-17:00
場所:オンライン
対象者:横田高校 動物業界を目指す4名 先生
人数:4名
テーマ「動物問題のコト、知ってください」
講師:西平衣里

 

 

アニドネが取り組んでいるのは「日本の動物福祉の向上」です。

そもそも動物福祉とは何か、何が問題なのか、海外との違いは?といった内容をお伝えしました。新聞やTVでは語られない日本の現状を講義しました。動物たちの大切さ、すばらしさも伝えました。高校生たちにはどのように伝わったでしょうか。

 

参加生徒さんたちは全員が実家で犬を飼っていたり、将来、動物に携わる仕事を志望しており、これまで意識をしていなかった視点を授業で与えられ、より深く動物たちとの関わりについて学ぶことができた、と感想をいただきました。

 

参加者の感想紹介。まずは知ることが大事

参加した生徒さんからうれしい感想をいただきました(掲載許諾を得ております)。

 

「今回はお忙しい中お話を聞かせていただきありがとうございました。
西平さんのお話を聞いてまだまだ知らないことの方が多いなと改めて実感しました。私は動物看護になってたくさんの命を救うことが将来の夢です。ですが、今回お話を聞いて動物問題の現状や、動物の扱い方などを知らない人や、動物に対する価値観の違いが海外と日本であるということが分かったのでそういうことをもっと知ってもらうために活動できたらいいなと思うようになりました。そのために私も動物看護の学校での勉強を頑張って西平さんのように動物のために行動できるような人になりたいと思います。」

 

「私はまだ、動物関係の仕事に就くのかもはっきり決まっていませんでしたが、ずっと動物が好きで進路も考えていたところだったので今回お話を聞くことができてよかったです。日本の動物への扱いなど、現在でも様々な問題があることに驚きました。私もこれからは動物を可愛がるだけではなく、動物の気持ちをもっと考えながら接していきたいと思いました。ありがとうございました。」

 

動物が好きなだけでは動物を傷つけているかもしれないということが分かって、これから自分が飼っている犬や、他の動物などとの接し方を改めて考える良い機会になりました。
もっとアニマルドネーションの活動がたくさんの人に知られていけばいいなと思いました。」

 

「私は動物に関して興味が少しあったので知識を深めるいい機会になりました。知らないことを知ることが出来たので周りに伝えていきたいなと思いました。今後の進路に役立つような講演をして頂きありがとうございました。」

 

 

大人でも、動物業界の方でも、動物福祉に関して詳しい方はあまりおりません。

まずは知っていただくことがとても大事ですね。

 

横田高校のみなさんのような方が増えれば、日本の動物福祉の向上が進みますね。

この度はアニマル・ドネーションへお声がけいただきありがとうございました。

 

・・・・・・・・・・

 

アニドネでは、引き続きオンラインによるセミナーを実施して参ります。

企業や学校からの「知りたい・学びたい」にはいつでもお応えしたいと考えています。お気軽にお声掛けください。

 

※掲載の文章・写真はアニマル・ドネーションが許可を得て掲載しております。無断転載はお控えください。