第31号  公益財団法人 東日本盲導犬協会さん

2018年4月末(¥33039)と5月末(¥35207)にお届けした寄付はどのように使われているのでしょうか。

公益財団法人 東日本盲導犬協会』さんにお聞きしてみました。みなさんからの大切なご寄付はどのようなカタチとなっているか、大変興味がありますよね。

 

今回の寄付を何にお使いになりましたか。

「今回のご寄付は主に訓練犬達のフード代とさせていただきました。
入学後、東日本盲導犬協会の犬舎で過ごす訓練犬達は常に約20頭前後います。
ごはんは盲導犬として社会に出ることを考え、人の食べ物は与えず、ドライフードのみ。栄養や、適正な体重・体型の管理などの健康面からはもちろんのこと、盲導犬としてユーザーさんと暮らすようになった後のことも考え、よく吟味して選んでいます。

量は1頭1頭の体格や体重などに合わせて調整していますが、今回いただいたご寄付分で、約20頭がおよそ30日分で消費するフードが購入できます。

犬達は食べるのがとっても大好き!毎回あっという間に平らげてしまいます。」




『早く!』という声が聞こえそう!




ちゃんと座って待てます!そして、びっくりする速さで完食です。


 

寄付をいただいた方へメッセージをお願いたします。

「盲導犬の育成事業にご支援いただきまして、たいへんありがとうございます!盲導犬という人生のパートナーを待っている方はまだまだ沢山いらっしゃいますが、盲導犬を1頭育てる為には、犬達のごはん代・医療費等を含め約500万円かかります。
皆様の貴重なご浄財は、そのまま視覚に障がいをお持ちの方々のご支援につながっています。
心より感謝申し上げます。
また、秋はイベントシーズン。あちこちの会場に当協会の職員とPR犬・訓練犬が赴きます。お近くの会場がございましたら、是非遊びに来てくださいね!
今後とも、ご支援ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。」


 


公益財団法人 東日本盲導犬協会さん へのご寄付をどうぞお願いいたします。

 

※掲載の文章・写真はアニマル・ドネーションが許可を得て掲載しております。無断転載はお控えください。