動物福祉セミナー コロナ禍で見えてきた動物福祉の問題点

アニドネには、クラブアニドネというボランティア組織があります。

参加希望のスタッフ向けに「動物福祉について」をテーマに少人数で勉強会を実施しております。

 

2021年6月20日 8名が参加して実施しました。

講師はアニドネ代表理事の西平衣里が行いました。

 

長引くコロナは、動物福祉の根深い問題点もあぶり出すこととなりました。

 

安易な飼育は安易な飼育放棄につながるのでは?収入が減ったことによる飼育放棄はあるのか?

また、昨今多くなった多頭飼育崩壊はなぜ起こるのか?コロナによる自粛は地域猫を増やしているのか?

 

犬猫たちは人間の生活状況に大きく左右されます。地球上で人間たちの生活を変化させている新型コロナは伴侶動物たちにも大きな影響が出ています。まずはその背景から理解できるセミナーとなっています。

 

その他は、以下の内容をみなで学びました。

「海外との動物関連の法比較」

「海外での動物福祉実例」

 

今回は、海外在住の方もご参加されており、日本とは異なる動物感なども共有もできました。

大変有意義なセミナーとなりました。

 

※掲載の文章・写真はアニマル・ドネーションが許可を得て掲載しております。無断転載はお控えください。