その他

ボランティア団体向け「災害対策ガイドライン」を活動に生かそう

動物を扱うボランティア活動をされている方や今後始めたいと思っている方々に、とても参考になる情報があるのでご紹介いたします。

環境省により、ボランティア団体向けの「人とペットの災害対策ガイドライン」が2020年3月に作成されました。

災害時、ボランティア団体が自治体と協働するうえで求められる役割や行動基準が紹介されています。

 

 

本書は以下の内容で構成されています。

I.自治体の役割
II.被災地で実施するボランティア活動
1.災害ボランティアの活動について
2.ペットに関する災害ボランティア活動とは
3.ペットボランティアの活動 -災害時の動物救援の歴史-
4.自分にできることは何だろう -ボランティアの種類と役割-

 

この中でも、「4.自分にできることは何だろう」の(2)放浪ペットの保護(回収)や一時預かり、譲渡対応等は、平常時のボランティア活動においてもとても参考になります。

 

環境省 動物の愛護と適切な管理 に全頁が紹介されていますので、ぜひ一度ご覧ください。

 

 

環境省HP

人とペットの災害対策ガイドライン「ボランティアの活動と規範」

http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/r0204a.html

 

 

※掲載の文章・写真はアニマル・ドネーションが許可を得て掲載しております。無断転載はお控えください。