動物福祉セミナー 保護ビジネスに関して議論

アニドネには、クラブアニドネというボランティア組織があります。
参加希望のスタッフ向けに「動物福祉について」をテーマに少人数で勉強会を実施しております。

 

2022年7月9日 6名が参加して実施しました。
講師はアニドネ代表理事の西平衣里が行いました。

 

◆日時:2022年7月9日 土曜日 10:00-12:00
場所:オンライン
対象者:クラブアニドネ
人数:6名
テーマ「日本の動物福祉の問題と解決法について」
講師:西平衣里

 

昨今の保護ビジネスを考えてみる

 

最近は、マスメディアでも多く保護犬猫のことを取り上げてくださいます。
保護犬や保護猫と暮らしたいという方々も増えてきました。それはとても良いことです。

 

一方で、5年ごとに改正される動物愛護管理法は動物福祉への国民の注目の高まりにも後押しされ、大きな改正が続いています。

特に2021年の改正では、具体的な数値規制が法に落とし込まれました。そういった背景もあるためか、ブリーダーからの引退繁殖犬を保護動物と称したマッチングサイトが増えていたり、第二種動物取扱業である保護活動団体の譲渡費用は医療費などのかかった実費のみであるべきはずが、一部の保護活動団体では10万円に近い譲渡費になってきています。

 

このような、保護関連にまつわる今の問題をクラブアニドネでは共有をし、ボランティア活動に参加していただいています。

もともと、日本の動物関連にとても興味のある方々ですので、「このような問題があることを知らなかった」と「何ができるか考えたい」と一歩を踏み出してくれます。

 

 

「日本の動物福祉の問題点」
「海外との動物関連の法比較」
「海外での動物福祉実例」

 

大変有意義なセミナーとなりました。

 

※掲載の文章・写真はアニマル・ドネーションが許可を得て掲載しております。無断転載はお控えください。