最新活動レポート

ボランティアトリマー活動を取材いたしました!

犬たちの体に触れ、カットやシャンプーをする
プロフェッショナル達を「トリマー」と呼びます。
海外では「グルーマー」と呼ばれています。
この「トリマー」さんたちの中で
「ボランティアトリマー」通称「ボラトリ」という活動が
じわじわと拡がりをみせているのをご存じでしょうか?
アニドネでは、千葉県動物愛護センターで
月に一度行われている「ボラトリ」へ同行取材を
させてもらいました。
とても貴重な活動の詳細を、
参加されているトリマーさんたちの
インタビューを中心にご紹介いたします♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まず、活動の中心にいるのがこのお二人です。
右が「渡辺和明」さん、左が「仲田謙一」さん。

渡辺さんは、Grooming space simpleの代表、
http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=105138
仲田さんはRALF LAND代表の
http://life.timetoday.net/ralfland/
共にトリマーさんです。
ソフトバンクのお父さん犬に良く似たワンちゃん「おいおい、勘弁してくれよ~」という顔をしてますね^_^;

おふたりが共に掲げているコンセプトが
「犬に負担のない美容」。
通常のグルーミングにおいても、
犬に無理をさせない、ということをとても大切にして
仕事をされています。
4年程前から始められたこの活動では
千葉で保護された犬たちの中から毎月数頭の
シャンプーとカットを行っています。
アニドネが取材をした日に参加していた
他のボランティアさんは5人。

この素敵な笑顔の方は、
アドホック株式会社に勤務されている徳丸尚代さん。
https://adhocpet.com/
参加されたきっかけは、トリマー仲間から
活動のことを聞き、「ぜひ参加したい」と。
「保護センターで保護されている犬たちのことは
もちろん知っていました。
日本のペット業界の光と闇だと思うんです。
ペット業界で働く私の使命として、この闇の
部分もしっかりと伝えて行かなければならないと
思っています。
このボラトリでは、トリミングをイヤがるワンちゃんも
多いですが、キレイにすることよりももっと大切なのが
触れ合うことだと思っています。
この活動を通じて、処分されるワンちゃんが
1頭でも減っていくことを望んでいます」

そして、フリートリマーとして活躍している
渡邊恵子さん。
この日は初めて千葉でのボラトリに参加されていました。
出張トリミング・ペットデンタルケア WILL STYLE
http://ameblo.jp/willstyle-trim/themeentrylist-10068989844.html
実は渡邊さんは7年ほど前に東京の愛護センターで
同じくボラトリを始められた方。
とても真摯にボラトリを行う意義を語ってくれました。
「東京で始めた責任があります。
行政によって事情はまったく違うと聞きます。
千葉がどのような状況なのかも知りたくて
今日は千葉の活動に参加しました。
トリミングを専門学校で学んでいた学生の頃、
文化祭への課題出展という目的のため
訪問した愛護センターで衝撃を受けました。
かわいいペット、というイメージからは
かけ離れた現実がそこにはあって、、。
ですが、それは現実だし、
いまも処分されている事実はあります。
トリミングというのは私の仕事ですが、
なぜトリミングをしているのか、という意味おいて、
このボランティア活動は私にとって
原点に戻るという意味もあります。」

参加された中でトリミングの勉強中の方もいました。
デルファイスというペットセレモニーアドバイザーである明澤潔さん。
http://www.delphis-pet.info/
自身がペットロスになった経験から、
ペットとの別れを専門とするお仕事をするようになった方です。
今回参加されたのは知人からの紹介で、始めて、ということでした。
「私はトリミングの勉強中なので、
今日はヘルプの役目です。
みなさんは本当にプロの技術をお持ちだと思いました。
カットやシャンプはもちろんですが
まずは接し方が違うんだと思いました。
犬の体への触り方が違うんだと思います。
コーミングひとつにしても、
犬が怖がらないマイナス要素の少ない
トリミングをされてると思いました。
すごいですよね」

動物病院で看護士 兼 トリマーさんとして
お仕事をされている古川絵美さんです。
東京の愛護センターでボランティアトリミングを
されている渡邊さんと一緒に活動をされていて、
この日は始めての千葉での活動でした。
「保護される動物は少なくなってきているとはいえ、
まだまだ多いと思います。
私たちは休みの日にこのボランティアをしているわけですが、
貴重な経験をしていると思っています。
病院勤務だけでは判らないことを知ることができます。
今後も続けていくつもりです」

アドホックに勤務されている、工藤由香さん。
「フェイスブックでこの活動のことを知りました。
私自身、保護された犬と暮らしており、
活動にはとても興味がありました。」
実は取材中、工藤さんはずぅーっと
この白いわんちゃんを抱っこしていました。
この子はトリミング室に入る際に
ちょっとびっくりしてしまったようで、
その動揺を落ち着かせるため、
人間はけっして怖いものではない、
ということを伝えるため抱っこされていました。
そして、だんだんと落ち着いてきた様子でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トリマーさんの皆さんは本当に明るく前向きに
ボランティアに取り組んでおられました。
少ない休みの日を使って、保護動物に向き合う、というのは
なかなか出来ることではないと思います。
ですが、動物が好きでトリマーになった以上は
保護されている動物のためにも何かできる事をする、という
とても強い意志を感じました。

保護センター内にある1室を使わせてもらってカット&トリミング&シャンプーです。道具類は寄付でいただくことが多いそうです。
とても楽しそうにしていたわんちゃん。みんなに愛想を振りまいていました。
毛の鎧をつけていたわんちゃん。さっぱりしました。
コロンコロンと転がりお腹を見せ続けてました。渡辺さん曰く「この子はとてもフレンドリーな性格の子。ただ、抱っこはされなれてない感じがします。この毛は1年はカットしていないかなーと思います」
カットの途中ですが、ニコニコと嬉しそう。カットしてもらってさっぱりしたのでしょうね。
臨時トリミング講習のような時間もあります。プロ同士ならではの会話です。「いや、このカットはこうするといいよ」。このプードルは前月に渡辺さんがカットした子らしく「すぐ里親さんが見つかると思ったけど1ヶ月たって、また会っちゃいました」

トリミングされた子たちは、譲渡される可能性が
高い子達だそうです。
やはりよりキレイにしていたほうが
里親希望者が増えることでしょう。
こういった活動もあって、
徐々に処分数は減少しています。
ですが、まだまだ日本全国で毎日約500頭の犬猫が
殺処分されています。
もっともっと減らしていくことはできますよね。
このボランティア活動を取材させていただいた感想として
とても素敵だし、貴重な活動だと心底思いました。
千葉愛護センターの協力姿勢もすばらしい、と感じました。
カットとシャンプーで犬に人間の良さを伝えることは
トリマーさんでしかできません。
一度捨てられたわんちゃんたちに、
もう一度「人間って悪くないな」と思わせる
この活動が全国でも広がるよう、
アニドネでもサポートをしていけたらと思っています。
具体的には、この活動の目的の共有、
フローの仕組み、受け入れ行政の開拓、
全国のトリマーさんたちへの講習会など、
さまざま乗り越えなければならないことがあると思いますが、
カタチにしていけるお手伝いができたら、、と強く思いました。
ボランティアトリミングにご興味のある方や
参加されたい、と言う方は
上記でご紹介した、仲田さん、もしくは渡辺さんまで
お問い合わせをください!