Animal Donation~アニマル ドネーション

 

TOP > 寄付先一覧 > 一般社団法人 日本聴導犬推進協会情報

補助犬団体 一般社団法人 日本聴導犬推進協会

保護犬から聴導犬へ。障がい者に寄り添う聴導犬の育成を目指して

聴導犬はオレンジのケープが目印。
介助作業がほとんどないため
小柄な犬でも活躍できるのが特徴
聴導犬はオレンジのケープが目印。
介助作業がほとんどないため
小柄な犬でも活躍できるのが特徴

耳が不自由な人の生活をサポートする聴導犬。たとえば、携帯電話や玄関のチャイム、外出先での車等の音に反応し、ユーザーさんの耳の代わりとなって教えてくれます。また、聴覚の障がいは一見分かりづらいため、外出先でのコミュニケーションで苦労をしたり悲しい思いをする方も多く、目印としての役割も期待されています。しかし、日本では36万人以上いる聴覚障がい者に対し、法的認定されている実働頭数は聴導犬60頭、(H27.9.1現在。厚生労働省HPより)。盲導犬の684頭と比較すると、育成と普及の必要性が顕著です。『これまで9頭を排出しているのが「聴導犬普及協会(現 日本聴導犬推進協会」。』理事で訓練にも当たる水越みゆきさんを中心に、より多くの育成と広い普及に取り組んでいます。候補犬は埼玉県動物指導センター等の施設に保護された子犬から、聴導犬に適した性格や体格を持つ子犬を譲り受け、候補犬として育成。聴覚障がい者と聴導犬が暮らしやすい社会づくりのための啓発活動にも取り組んでいます。



    • 団体説明
    • 聴導犬のお仕事風景。電話、玄関のチャイム、目覚まし時計など「生活の音」を教えてくれます
    • 団体説明
    • 携帯電話が鳴ったときはユーザーさんのもとへ運んでくれることもあります
    • 団体説明
    • 外出先にも同行。ユーザーさんの耳の代わりとなり、車や自転車等危険も教えてくれます
    • 団体説明
    • 埼玉県動物指導センターにて候補犬探し中の理事・水越さん。職員の方に保護状況や犬の特徴等を詳しく伺っている様子
    • 団体説明
    • 実際に犬と触れ合いながら聴導犬としての適正を調べるスタッフ。些細な反応も見逃しません
    • 団体説明
    • 突然、音を立てて踊る人形登場。このような事態にどう対応するかも聴導犬として重要な要素
    • 団体説明
    • 実際に街に出ての訓練風景。街中の音や出来事に動じず寄り添う訓練をします
    • 団体説明
    • 聴覚障害は一見分からないため、悲しい思いをする方も。時には、目印としての聴導犬の働きも大きい
    • 団体説明
    • 聴導犬の認知度を上げるために、協会ではイベント等のPR活動も積極的に行っています

経験と実績から生まれた独自の適正テスト

協会で訓練を受ける候補犬の多くは、埼玉県動物指導センター等の行政機関に保護された犬たちです。保護犬問題にも聴導犬の育成にも貢献する取り組みですが、一度悲しい経験をした保護犬の訓練は非常に難しいそうです。
たとえば、人に対して恐怖感を持っていたり、目には見えないトラウマがあったり。聴導犬に必要な社会性を身につけるために、24時間常に訓練スタッフとともに過ごしながら、人と生活する楽しみから覚えていきます。
協会では、訓練にあたる水越さんとスタッフが自ら施設に足を運び、子犬と対面。体型などの外見での判断に加え、今までの育成経験から見いだした適正条件を基にテストをします。聴導犬には介助作業がないので、体が大きい必要はなく、特別な能力が必要なわけでもありません。
重要なのは「いかに人に寄り添えるか」。人が好きか、人と一緒にいたい犬か、そして恐怖心とそれをいかに自己修復できるか、をテストします。1頭でも多くの育成が必要ではあるものの、不安な要素が少しでもあれば引き取りません。まったく見つからない時もあれば、数頭出会えることも。100%理想的な犬はいないそうですが、適正を見いだした犬は水越さんらスタッフの手によって、社会性やコミュニケーション、さらには聴導犬としての仕事を覚えていきます。すべてはユーザー、そして犬自身の幸せのため。この徹底した姿勢ゆえ行政からの信頼も高く、聴導犬に適しているのでは?という子犬を保護した際に行政側から連絡が入るほどの協力関係を築き上げています。
平成27年6月15日に「特定非営利活動法人 聴導犬普及協会」から「一般社団法人 日本聴導犬推進協会」に移行し、さらなる活動の拡大を図っています。
この団体に寄付をする

スタッフからのメッセージ

日本聴導犬推進協会 理事/育成事業部 トレーニングG リーダー 水越 みゆき さん

日本聴導犬推進協会 理事/育成事業部 トレーニングG リーダー 水越 みゆき さん

「犬の接するときにはノーメイクなんです。基礎化粧品も犬が舐めても優しいものをつけてますよ」とナチュラルな笑顔で語る水越さん。聴導犬の候補犬探しに訪れた埼玉県動物指導センターで、ときには母親のように優しく、ときには訓練士の目で厳しく、一頭一頭とじっくり接していました。「聴覚障がいを持つ方が聴導犬と積極的に外に出て、共に社会参加してもらうことが願いです。日々の生活に聴導犬がいることで、QOL(生活の質)が上がり、豊かなものになる。そのために1頭でも多くの優れた聴導犬を育てたいと思っています。資金やキャパシティの課題もあり、現在は年間1頭レベルですが、まずは3頭まで増やしたいですね」


日本聴導犬推進協会 総務部 義業サポートG リーダー 神嶋 千晶 さん

日本聴導犬推進協会 総務部 義業サポートG リーダー 神嶋 千晶 さん

もともとは動物とは無関係のお仕事をされていたという神嶋さん。しかし、動物を愛する強い気持ちから、保護に携わったり、訓練を学んだ後、聴導犬普及協会へ。「まだ盲導犬と間違えられることもあります。一般の方にもっと聴導犬の存在を知ってもらうことが課題であり、私の仕事。イベントを開催したり、小学生と触れ合いの場をもうけたり、一般の方々と聴導犬が接する機会をもっと増やしていきたいと思っています」。


ユーザーメッセージ

聴導犬は想像以上に広く、深い世界を教えてくれます<br />聴導犬ユーザー あずまさん & アミちゃん

聴導犬は想像以上に広く、深い世界を教えてくれます
聴導犬ユーザー あずまさん & アミちゃん

「聴覚障がい者には光や振動で知らせてくれる福祉機器を使っている方もいますが、日常生活では緊張を強いられる場面が多いです。また、補聴器をつけていても玄関のチャイムの音を聴き逃すこともよくあり、家の中に居て何か音が聞こえてきたら確認に行くことを繰り返していました。職場でも、お客さんに気付かず同僚や上司に対応してもらうことに心苦しさを感じていました。
そんなとき、首都圏に引っ越したことがきっけで、聴導犬普及協会が近くにあることを知りました。友人や家族が勧める聴導犬って何だろう?と興味を持ち見学しました。目覚まし時計、チャイムの音だけでなく、外出の時も後ろからくる車を教えてくれる等の聴導犬の仕事ぶりを目の当たりにし、これなら安心して生活できると確信したんです。
そして、合同訓練でアミ(♂・現在5才)と出会い、訓練士から聴導犬と行動する方法を教わりました。アミとの訓練はなかなか息が合わず、お互いに戸惑いの連続でした。認定後もしばらくは、元気いっぱいのアミに私がついていけずハラハラしっぱなしでした。当時はどうして聴導犬の先輩たちはあんなに落ち着いて行動できるのだろう?どうやって信頼関係を築くんだろう?と悩みました。でも一緒に暮らしていくうちに、いつの間にか「アミがどんな音を聞き、何を考えているのか」に注意して過ごすようになり、コミュニケーションを取りやすくなりました。日常生活だけでなく職場でも、一緒に過ごす毎日の積み重ねが大事なんだということに気がついたんです。
今となっては、弟分というか、もう相棒のような存在になっています。アミと一緒に積極的に旅行に出かけるようにもなりました。日本もなかなか広いです!日本中隅々までアミと旅行することが目標です。昨年は念願の海外旅行にも挑戦し、上海万博にも行ったんですよ(下左写真)。出かけた先でいろいろな方に「聴導犬って何?いい子だね」と声をかけられることが増えました。アミのおかげで、初対面の人とコミュニケーションをとる事が楽しいと思えるようになりました。かけていただく温かい声を支えに、聴導犬の存在を認めてもらうために前向きに行動していきたいと思います。
鳥の声、花火の音、動物の鳴き声、風の音…アミが私の代わりに、いろんな音を聞いて音の場所を教えてくれるから、本当に世界が広がりました。アミ、あなたが私といて楽しいと思ってくれるように毎日精進しますので、これからもどうぞよろしくね。そして、これから聴導犬と暮らしてみたい、と考えている方、暮らし始めた方、悩んでいる方、ぜひ、聴導犬と一緒にいろんな場所に出かけてみてください!聴導犬は想像以上に広く、深い世界を教えてくれますよ」

基本情報

団体名
一般社団法人 日本聴導犬推進協会
住所
埼玉県ふじみ野市亀久保2201-5 
TEL
049-262-2333
FAX
049-262-2543
HP
http://www.hearingdogjp.org/
メールアドレス
info@hearingdogjp.org
代表者
理事長 山崎恵子
活動内容
聴導犬の育成と普及
会員構成
有: 正会員34名、団体/賛助会員11名 協力会員51名 *2011年9月現在
→ 詳細情報
この団体に寄付をする

supported by ThreeLeafClover