ヨーロッパやアメリカをはじめとした動物福祉先進国では、動物への遺産相続や寄付はごく当たり前のこととなっています。日本でも様々な動物保護団体が存在しますが、寄付金を募るのは団体ごととなっており、動物を助けたい気持ちがあっても、どこにどのようにして寄付をすれば良いか分かりづらいのが難点でした。そこで創設されたのが公益社団法人アニマル・ドネーションです。
●公益社団法人アニマル・ドネーション(通称ア二ドネ)

アニドネの活動

日本の動物福祉が抱えている様々な問題から「愛すべき犬猫たちを救いたい、そして正しい知識を持って日本の動物福祉を変えたい」そんな想いで活動しているのが益社団法人アニマル・ドネーションです。アニドネの仕組み作りの一環として、まず、現場で活動するレスキュー団体や人間のために活動する伴侶犬(介助犬など)の育成団体や、動物のすばらしさを伝える啓発団体にオンラインで寄付を届けられる仕組みを構築。日本初の動物専門オンライン寄付サイトを展開し、認定団体へ資金を届ける活動を行っています。認定団体は厳格なプロセスを経て確定されており、さらに、アニドネのスタッフが定期的に話を聞いたりサポートをしたりと、その活動に伴走しているのも特徴です。

動物福祉に注力しているア二ドネ

オンラインで寄付がしやすいシステムの構築や、中間支援組織としての支援先の情報管理など、関連団体、専門家、企業と広く連携しながら活動をしているアニドネ。さらに、動物福祉を変革していくためには、動物に対して正しい知識を持つことが何より重要だと考え、日本や海外の動物関連リサーチや動物福祉セミナーを実施しています。
主な活動は、①オンラインによる寄付サイトの運営事業 ②海外や日本の動物福祉事情のリサーチ事業 ③正しい知識を多くの方に知っていただくためのセミナー事業です
「自分のため、人のためを超えて『社会のため』にできることをしたい」日本の動物福祉を変革させるために有志が集い、日々様々な活動をしています。 Animal Donation

税額控除対象法人にも認定

2011年に誕生したアニドネは、2015年には内閣府より公益性を評価され公益社団法人に認定されました。さらに、2018年5月29日には公益社団法人の中でも約1割となる、税額控除対象法人として認定されています。これにより、所得控除と税額控除のいずれか有利な方を選択することができます(多くの場合、税額控除を選択されると所得税額が少なくなり有利となります)。寄付金から2,000円を引いた額の最大50%(所得税40%+住民税10%)が戻ってくる計算です。このように、寄付する側の安心にも配慮されています。
遺産を相続した後、10カ月以内に手続きを完了すれば、当法人にご寄付頂いた相続財産には、原則として相続税がかかりません。