レガシーギフトについて、よくある質問をご紹介いたします。

「レガシーギフト」(遺贈や相続した財産の寄付)を行うための手続きには、どのくらいの期間と費用がかかりますか?

手続きにかかる期間は、ご寄付の内容によって変わります。また一般的には、必要書類作成などは専門家(弁護士、司法書士、行政書士、税理士)がサポートいたしますので、その報酬がかかります。

アニマル・ドネーションでは、ご相談いただいた方のご要望に沿う専門家をご紹介することができますので、ぜひご相談ください。

土地や不動産など、現金以外でも寄付できますか?

申し訳ないのですが、現金のみの受付とさせていただいております。 土地や不動産を寄付したいとお考えの場合、現金化の手続きまでは、ご寄付される方のほうでお願いいたします。

遺贈寄付を使って、万が一自分が先に亡くなった場合に今飼っている愛犬&愛猫を引き取ってもらえるよう手続きをしたいのですが?

ご心配はよくわかります。遺書に万が一遺されるかもしれないペットの行く先(保護団体)を明記する方法があります。しかし、ペットの病歴や性格も把握して事前に打ち合わせをしたうえで、となります。まずは心配事をご相談くださいませ。

自分のペットに財産を残す手続きをしたいのですが?

「レガシーギフト」(遺贈や相続した財産の寄付)のお手続きだけでは、ご自分のペット(愛犬&愛猫など)に遺産を残すことはできません。法律上、ペット自身は遺産を受け取れないので、信頼できる個人や法人に対し、ペットの世話と引きかえに遺産を渡す形となります。このような事案に詳しい専門家のご紹介もできますので、まずはご相談ください。

寄付をすることを決めたことが原因で、法定相続人等の間でトラブルが発生しないか心配なのですが?

アニマル・ドネーションへの寄付を望む遺言書を作成する前に、あらかじめ法定相続人にもその想いをお伝えいただき、事前に話し合いをされることが望ましいと考えます。また、トラブルを極力避けるため、遺留分(相続人に最低限保証される遺産の一定割合)を侵害するような遺言はお勧めしておりません。

相続人に相談せずに寄付を決めても大丈夫でしょうか?

遺留分には充分ご留意ください。兄弟姉妹以外の法定相続人は「遺留分」が法律で保障されています。遺留分は遺言書の内容に関わらず、財産の一定割合を受け取れる権利です。
アニマル・ドネーションを通じて動物関連団体へのご支援を円滑にお届けさせていただくため、遺留分にご配慮の上、慎重にご検討ください。

寄付をしたお金は、どのように使われるのですか?

アニマル・ドネーションがサポートしている動物関連団体に寄付をし、各団体それぞれの活動資金として使わせていただきます。
※アニマル・ドネーションが、現在サポートしている動物関連団体はコチラ

「レガシーギフト」(遺贈や相続した財産の寄付)の手続きをした後、アニマル・ドネーションの活動を知ることはできますか?

ご寄付をいただいた方およびご寄付の意思(遺言書)を書いていただいた方には、お手続きいただいた後、毎年アニマル・ドネーションの活動&寄付状況の報告書、ニュースレターなどをお送りいたします。

運営団体は、どんな活動をしているのでしょうか?

動物福祉活動の支援に特化した寄付サイトの運営、動物福祉関連の情報収集(リサーチなど)・勉強会運営(セミナー開催など)・印刷物の発行を通じて動物関連団体をサポートしております。また動物福祉関連情報をわかりやすく発信することや、その啓蒙活動を行っております。

※アニマル・ドネーションの詳しい活動は、コチラ

「レガシーギフト」(遺贈や相続した遺産の寄付)について、もう少し詳しく知りたいのですが、どこかで相談はできますか?
また、相談だけ先にしたいのですが、できる場所はありますか?

「レガシーギフト」にご興味を持っていただき、ありがとうございます。

面談による詳しいご説明や、事前のご相談も承っております。まずは、お問い合わせフォームよりお送りください。折り返し担当よりご連絡を差し上げます。

お問い合わせいただいた情報は、個人情報保護を徹底して対応いたしますので、ご安心ください。また、ご希望によっては、専門家(弁護士、司法書士、行政書士、税理士)のご紹介もいたします。