4-3 繋ぎっぱなしの犬を救いたい、外飼いの規制へ

炎天下でも雪の降る寒い日でも鎖に繋がれ、同じ場所に座り続ける犬。
そんな孤独な犬が今も存在します。

助けてあげたい。飼い主へ警告できないだろうか?
そう思った苦い経験を持つ方もいるのではないでしょうか。

残念ながら、今の法律では、繋ぎっぱなし・狭い犬小屋の飼育行為を罰することは簡単ではありません。

この署名を通じて、そんな法律を変え、かわいそうな外飼い犬を救い出したいと考えています。

具体的には、外へ繋いでおける時間や犬小屋の大きさに関する規制をつくることを目指しています。
賛同の声が集められたら、犬の飼い方に関する法律改正を、環境省へ提案する予定です。

詳細については、「もっと知りたいー犬の外飼いを取り巻く現状・法改正の提案」をご覧ください。

署名へのご協力をぜひお願いいたします!

レポートを読む

問題の分析や詳細のレポート、アンケート結果などをお届けします。読み、理解し、シェアしてください

署名する

署名する

署名が集まったら、行政機関へ届ける予定です。世論や法律を変える一歩となります。

シェア

SNSでシェアする

このサイトや気になった活動についてSNSでシェアしていただくことで、この活動をさらに大勢の人に知ってもらうことができ、より良い未来へのアクションとなります。

肉球 このテーマのゴール 肉球

ゴール 4

いつもあなたと一緒に

飼い主にべったり…犬の人への強い愛着は、歴史的に築いてきた深い絆からも説明できます。飼い主から放置されると、犬は心理的に大きなダメ―ジを受けます。犬の孤独な時間を1秒でも減らすために、私たちができることから始めましょう。

AWGsアクションポイント

11932pt

アクションポイントとは