STORY with PET ストーリーウィズペット

保護犬・保護猫たちに
はじめての“おやつ”をプレゼント

犬や猫たちにとっておやつはしあわせの瞬間の1つ。
そんなおやつを食べたことがない、保護犬・保護猫がいます。
保護された後、生きるためのご飯や安全なお家、治療などが
優先され、嗜好品であるおやつまで提供できる団体は限られます。

保護犬・保護猫にもおやつを食べてみてほしい
そして、しあわせを感じてほしい

そんな想いから、公益社団法人アニマル・ドネーション(以下アニドネ)は
おやつを寄付する”プロジェクトを立ち上げます。

※おやつイメージ ※おやつの内容は変更になる可能性がございます
私達について

私たちは犬も猫も、みんなが幸せに暮らすために動物専門の寄付サイトを運営し、
「キモチ」を「カタチ」にするお手伝いをする、公益社団法人アニマルドネーションです。
活動は14年を迎え、これまでの寄付総額は4億5,900万円になりました。

おやつを寄付する方法

1アクションにつき
1投稿100円分1いいね50円分のおやつを
アニドネ認定団体の保護犬、保護猫へ届けます。

※上限は2,000投稿、2,000いいねとさせていただきます
ペットとのエピソードを投稿

ページ下部からあなたのペットとの
しあわせエピソードを投稿してください。
1投稿につき1つおやつを寄付します。

OR
SNSでフォロー&いいね

Instagram、X、Facebookで、
固定投稿についた
いいねの数だけおやつを寄付します。

ペットとのエピソードを投稿

ペットとのしあわせエピソードが保護犬・保護猫のしあわせになる!
ペットとのしあわせエピソードを投稿してください。

ペットとくらす中で、しあわせを感じた瞬間の投稿をお待ちしています。

From:ルイ夢お姉ちゃん

「いつか保護犬のお世話をしたい。」 子供の頃から動物がいるのが当たり前の環境で育ち、長年の夢を大学生の頃に叶えました。 その後、もっと動物たちのためにできることを増やしたい。 そう思い大学卒業後に動物看護師の専門学校に通いました。 その後我が家にやってきたのは、茶色のマルプーのルイちゃんです。 ルイは一才の時に元の飼い主が飼えなくなったとのことで、保護サイトにでました。 コロナ禍の中、舞浜まで迎えに行き家族になりました。 そして、私はルイとの時間を増やしたい気持ちが強くなり、家の近くに転職。 そんな時に年齢不詳、声帯を切られ、檻に閉じ込められてた繁殖引退犬の夢が我が家にやってきました。 2匹とも私が選んだわけではなく、2匹が私たち家族を選んでくれたんだと思います。 保護動物は、その子たちが家族を選べる唯一の動物だと思います。 ペットショップのガラス越しで家族を待つのではなく、動物達と人間のタイミングがあった時に出会うのです。 2匹は私にとっての宝物です。

詳細はこちら

From:ゆちな

3にゃんです 三番目の子を庭で拾った事で預かりボランティアを始めるキッカケになりました 毎日小忙しいけど、それぞれ膝に乗ってきたりあそぼーと言ってきたり可愛いです 預かりにゃんが出入りしてもみんなそれぞれなんだかんだ毎回受け入れてくれるので助かってます 左からあめは(末っ子)銀太(最初の子)小鉄(二番目)です

詳細はこちら

From:まめにこ

やっと春が来てウキウキの季節になりました😊

詳細はこちら
投稿をする

SNSでいいね!

まずはSNSでアニドネ(アニマル・ドネーション)をフォローしてください。
キャンペーン画像に(一番上の投稿)にいいねをつけてください。
期間終了後、いいねの数のおやつを寄付します
↓このキャンペーン画像の投稿にいいねをしてね!

instagramでいいねをする facebookでいいねをする Xでいいねをする

アニドネについて
もっと知る