4-1 犬の孤独とメンタルヘルスを理解し、留守番時間を減らそう

昨今の専門家の発表で「犬も泣く」という発表がされました。また、動物先進国の法律では「動物は感情のある生命体(EU)」と民法で定義されています。日本では動物愛護管理法では「命あるもの」とされていますが、民法では「動物はモノ」扱いされています。
まずは「犬や猫には豊かな感情があること」を理解することから始めてみませんか。

シェア

SNSでシェアする

このサイトや気になった活動についてSNSでシェアしていただくことで、この活動をさらに大勢の人に知ってもらうことができ、より良い未来へのアクションとなります。

肉球 このテーマのゴール 肉球

ゴール 4

いつもあなたと一緒に

飼い主にべったり…犬の人への強い愛着は、歴史的に築いてきた深い絆からも説明できます。飼い主から放置されると、犬は心理的に大きなダメ―ジを受けます。犬の孤独な時間を1秒でも減らすために、私たちができることから始めましょう。

AWGsアクションポイント

10475pt

アクションポイントとは