STORY with PET ストーリーウィズペット

投稿一覧

投稿写真について

ずっと一緒にいようね

To:コロン

From:松村佳美

ある日、雨の中一人で茂みでもそもそしてるワンコを発見!可愛い茶色のダックスフンド。抱っこした瞬間から、ずっと前から一緒にいたような、、。警察に届けたり、貼り紙したり、ペット不可のマンションでこっそり飼いながら飼い主さんを探したけど見つからず。お家を探すお散歩に出ても、戻ってくるのは、私のお店。3ヶ月経ったその日からうちの子になって、それからずっと一緒。膵炎になって入院したときは、毎日病院に通って朝から晩まで側でずっと祈ってたよ。ヘルニアになったときも夜は救急にかけ込んで、毎日床で一緒に寝たね。散歩中に他の犬に頭を咬まれて血を流したときは、びっくりして泣きながら病院に向かってるのに、ワンワンまだ怒ってた。どんなときも負けずに頑張って、ずっと側にいてくれる。これからもどんなときも一緒だよ。どんなことがあっても側にいるよ。ずっと一緒にいようね。

虹の橋のちゅら様

To:ちゅら

From:真里子より

ちゅらへ。こちらはすっかり寒くなったけどそちらはどんな感じですか? あなたが虹の橋へ旅立ってからもうすぐ1ヶ月ですね。こんなに長い間、あなたと離れた事はないので本当に不思議な感じです。 もともと悪かった心臓に加えて昨年末には腎臓も悪くなり、余命3ヶ月宣言をされてから約七ヶ月。今思えばそれは宝物のような時間でした。 私が毎年楽しみにしている雪解けの後の春の散歩を叶えてくれてありがとう。 庭で日向ぼっこしながらのお昼寝タイム。ゆったりした時間をありがとう。 大好きだった家族みんなでのドライブ。久しぶりの遠出楽しかったね! 兄ちゃんがゲームやり過ぎたときにさっとテレビの間に割って入って気づかせてくれたね。 夜、トイレに一人で行けない下の子に付き添って一緒に行ってくれたね。 立てなくなってからも、家族が出掛けるときは必死に立ち上がって見送ろうとしてた姿、忘れないよ。 そして最後の時にいつもよりいっぱい尻尾をふってくれてありがとう。 毎日のお薬と一日おきの点滴と、夜中に不安になるのか何回も起きたりして。お世話してたときは大変だなーと思ってたけど、今思えばあの時間は本当に幸せな時間でした。 あなたの事を思い出すと、やっぱりまだ泣いちゃうけど、みんなでがんばるからね。 すっかり居なくなると寂しいから、たまには気配を感じさせてね。この間足音聞かせてくれたでしょ?とっても嬉しかったよ。 私たちの家族になってくれて本当にありがとう。ずっと大好きだよ。

emmaと家族の繋がり

To:emma(エマ)

From:EmmaFamily

 先日、長女の婚約者を初めて自宅へお迎えしました。食事の後、リビングのソファに彼と娘が並んで座り、いよいよ彼が宣言かと言う時に、娘は感極まり席を外してしまいました。すると、急にemmaが彼の隣に座り促すように彼を見つめ、話を聞き続けました。要所要所でemmaがうなずいたように見えたのは思い過ごしでしょうが、何か重大な事が起こっていると悟っていることがわかり目頭が熱くなる思いでした。レトと人は繋がっているのですね。

来年も海水浴に行こうね

To:コロン

From:家族みんなの人気者

今年初めて海水浴デビュー。すごく楽しくしてたけど、波があったせいで、溺れ気味の遊泳になってしまいました。

神様からの贈り物

To:コリン

From:とちまるこりん

2005年10月嵐の日、大阪から神祭に帰るという学生の娘と息子を迎えに行く日、車庫の前にずぶ濡れで現れた犬。顔はシェルティだけど背中からお尻には毛がありません。脇腹には怪我の跡が見られます。とりあえず車庫に入れて子供たちを迎えに。途中通行止めに合い、家に着いたのは犬を置いてから10時間経っての事でした。 私にはまだ家の中で犬を飼うという考えが無く、しばらくは車庫で世話をしました。お祭りも終わり子供たちが帰ってから娘が名付けたコリン星から来たコリンと二人の生活になったのですが気候もだんだん寒くなりやっと家に入れる事にしました。獣医にも診察を受けましたが田舎の設備も無い所では状態も分からず次第に食欲が落ち1時間かけて設備のある病院に連れて行きました。重い病気で入院し、生死の間を彷徨いました。奇跡的に退院は出来たものの心臓に疾患が残り、毎月の通院でした。その時コリンの年齢を聞いたのですが若目の10歳か、元気のない5歳という事で、今思うと元気のない5歳だったようです。 お薬が合ったのかコリンはとても元気になり犬の友達もでき毎日山に散歩に行きました。2年経った頃、夫が遠洋鮪船を降り陸の生活を始めました。船に乗っている頃から陸に上がったらコリー犬の小さい犬つまりシェルティを飼いたい夢があったそうで夫にとっても神様からの贈り物だったようです。既に子供たちも家を出て話題のない夫婦にはコリンは欠かせない存在でした。 10年後すっかり年老いたコリンは最後は私の腕の中で息を引き取りました。私が仕事から帰ってくるのを待って。 コリンとの思い出は尽きる事がありません。車で日帰り出来る所には必ず一緒でした。本当にお利口さんでみんなに可愛がられる優しい子でした。多分首輪もしていましたが何か事情があって捨てられたのでしょう。警察にも保健所にも届けがありませんでした。 コリンが旅だってからうちには保護猫が7人になりました。家の周りの野良猫さんには手術をし、車庫を開放しています。捨てられた犬や猫に興味を持ったのもコリンのおかげです。 私達はもう体力的にお世話ができないけれど若い方たちへの応援はこれからもずっとしていくつもりです。 家の中の保護猫達を見送るまでは元気にいられますように。コリンと神様に見守っていただけますように。 沢山の犬や猫達が幸せになりますように。

エマは凄いね!

To:エマ

From:なおさん

猟犬を親にもつエマ。その血筋か普通のラブラドールとは動きが全く違い、動作は俊敏、持久力が凄い、警戒心が半端ない、そしてコマンドには忠実、ドッグランでラブ仲間と遊んでも異才を放っている。また、フィールドタイプという事もありスタイルが抜群にいい、シュッとして足が長い、おかげでそれを話題に初対面の人とも直ぐに打ち解けられている、エマには本当に感謝。人との輪が広がった。

ずっと一緒

To:ステラ

From:リオデジャネイロ

5年待ってやっと我が家に来たステラ 台風で大変だった時本当にステラに癒されたよ 長生きしてねステラ"

いつまでも元気で長生きしてね

To:ミルク

From:嶋田

前のワンコが股関節形成不全、腫瘍と病院通いで、去年お星様になり、縁があって今のワンコ、ミルクを迎える事になりました。ミルクには『病気や怪我をしないで元気で長生きしてね』と日々願っています。ミルクは人が好きで散歩の時ワンコ好きの人と判ると、スリスリと寄って行き、体重を掛けて、『よしよししてください』として、会う人に癒しを与えてています。

一緒に人生を歩もう!

To:シロキチと勘太郎

From:優、沙耶加

白吉を迎え、四苦八苦の毎日でしたが、今では私達のかけがえのない家族になり、誰よりも心を読んでくれます。そして勘太郎!個性豊かなキャラクターで甘えん坊。兄の白吉の優しさを受けとても良いこに育ってくれました。今では4人でお出かけする事が幸せです!!我が家に来てくれてありがとう!感謝!

みっちゃんへ

To:みるく

From:みるくママ(まなたす)

"たまたま立ち寄ったペットショップのレジ脇で元気に遊んでいた子に一目惚れしました。それが『みるく』です。 やんちゃで手を焼くこともたくさんだけどかわいくてかわいくてしかたありません。 うちの子になってくれてありがとう。月並みだけど、心からそう思っています。たくさんの時間を仲良く楽しく過ごそうね。 みるくのママと婆やより"

大好きわが子

To:アンジー♀とピージェイ♂

From:まーちゃん

アンジーとPJ、毎日私たち家族を笑顔にしてくれてありがとう!可愛くて可愛いくてたまらなく愛してるよ。

ロッタからの贈り物

To:レオン

From:レオンママ

"先代のロッタが4歳という若さで虹の橋へ旅立ってしまい、失意のどん底の我が家を救ってくれたレオン お陰で再び笑顔が戻り、生きる力をもらいました 初めて抱いたとき、またこの小さくて暖かいいとおしい命に出会えたことに感動し涙しました 今度こそ、もっともっと長く一緒に暮らしたい、私のもとにずっといてほしいです レオンは天国のロッタからの贈り物だと思っています"

春とハル

To:HAL

From:ハル姉

12月で1歳になるハルは、まだ彼の目に映る全てのものが物珍しいらしく何にでも興味を示します。1人だと3分で歩ける道もハルと一緒だと15分以上掛かることもありますが、道端に咲く花を見て春の訪れを感じたり、色づく葉を見て秋を感じたり...。些細な季節の変化に気付けるようになったのは間違いなくハルのお陰と言えます。いつも一緒にいてくれてありがとう、君と家族になれて良かった!これからも色んなところに行って、色んなこと一緒にしようね。

先代犬からの贈り物

To:テオ

From:テオママ

先代犬のリールがいなくなってしまって落ち込んでいた私たち夫婦の元にやって来たテオ。こちらの気持ちもお構いなしにズカズカとリビングで一番いい場所(ソファの上)を陣取り、リールの思い出のオモチャやクッション、タオルを自分の物にしてしまい、気づいたら私たちはいつもテオと笑えるようになっていました。神様からの贈り物という意味を持つ言葉から取ったテオという名前。でも今はリールからの贈り物でもある気がします。テオ、わが家に来てくれて本当にありがとう!

No ryan,No life

To:ライアン

From:佐々木 絵里

"ライアンと住む為に建てた家。 ライアンが乗る為に買った車。 ライアンがガジガジする為に買った家具。 全てがライアンの為に準備したもの。 この家に住んでくれて、車に乗ってくれて、家具をガジガジしてくれて、そしてパパとママの元に来てくれて本当にありがとう。"

毎日が想像以上

To:とと

From:ととまま

"一緒に暮らすことは想像してたよりずっと大変で、想像してたよりずっと楽しい。 幸せにしたいと思ってたけど幸せにしてもらってるのは私でした。 ありがとう。"

幸せ時間過ごせてると嬉しいです

To:あず&冬姫(いぶき)&麻瑠久(まるく)

From:エンジェルだやん

急遽その日その場で里子ちゃんとして家族に迎えたあず。先住犬の黒柴のお姉ちゃんとも仲良くできました。超肥満からダイエット成功してご縁があって妊娠出産育児と頑張ってきて、ようやく1歳になる娘と一緒に暮らしながら息子とも交流があったりの日々です

もっと見る

すべて表示されました

ページが読み込めません

1 2 8

投稿写真・STORYについて

このページに表示されている投稿内容は、「STORY with PETキャンペーン」として投稿されたものです。
もし万が一、不適切な写真もしくは文面等々ございましたら本サイト内の問い合わせフォームよりお問い合わせいただけますと幸いです。

STORY with PET 運営委員会