+イイコト

「+イイコト」に「PINK-latte (ピンクラテ)」様がご参画/第三弾がスタート!

総合ファッションアパレル企業 ワールドグループの株式会社ピンクラテが展開するティーンズブランド「PINK-latte (ピンクラテ)」様が、今回「+イイコト」に参画いただくことになりました。

ティーンズ向けに、ウェア、バック、帽子、アクセサリーと幅広く取り扱い、全国のショッピングセンターを中心とした店舗をはじめWEBで販売されています。

そんな「ピンクラテ」様から 寄付第三弾として、動物のための寄付つき商品が発売されました。

 

第三弾は、学校で大活躍の裏毛カーディガンとZIPパーカーが登場!

寄付第一弾(2021年9月13日〜)は、登校用に着やすい綿100%裏毛素材の、ケーブルニットハートトップスと、バックBOXロゴトップスの2タイプでした。

寄付第二弾(2021年11月1日〜)は、裏毛素材のトップスが2タイプ発売されました。

 

そして、今回の第三弾(2022年1月25日〜)は、学校で大活躍する裏毛素材のカーディガンと裏毛ZIPパーカーの羽織の2タイプが登場です!

 

①裏毛カーディガン ¥2,990+TAX
レイヤード見えがかわいい裏毛素材のカーディガン。
シンプルなバックプリントで、カジュアルに使いやすいアイテムです♪

気軽に着脱可能な裏毛ジャージのスナップカーディガン


プリントとロゴ刺しゅうがバックデザインのアクセントに!


 

②裏毛ZIPパーカー ¥2,990+TAX
バックのBIGロゴがポイントの定番のパーカー。
気軽に温度調整ができアウトドアにもぴったりです。

季節の変わり目にさっと羽織って大活躍するスウェットパーカー


前はシンプルに、バックはプリントと前後のデザイン変化が楽しめます!


対象商品1枚販売ごとに5円が寄付となり、アニドネ経由で認定団体に届けられます。

 

▼商品購入はこちら:
https://store.world.co.jp/s/brand/pink-latte/feature/hag_latte/

 

取り組みを通じて、ティーンズへ動物福祉の認知向上を目指したい

今回のイイコト+へのご参画にあたり、「ピンクラテ」の森 万由子様にお話を伺いました。

 

―なぜ寄付をしようと思われましたか?
「今季のピンクラテでは、どんどん楽しいものを生み出していくティーンズのパワーを最大限に引き出したい、一緒に楽しんでいきたい!という思いを込めた【=HAPPY(イコハピ)】をテーマに掲げています。

ティーンズの思いと、ピンクラテの思いを掛け合わせたこの取り組みを通して、動物愛護活動のティーンズ認知向上と、社会貢献を身近に感じてもらうために、今回、寄付をさせていただきたいと思いました」

 

―何に寄付をつけられますか?
「ティーンズの生活の中心は学校になるので、学校にも着て行ける、普段使いしやすい軽羽織に寄付をつけます」

 

―ご寄付をどのように使って欲しいですか?
「“すべての動物たちが幸せに暮らせますように!”

ティーンズたちの思いはシンプルです。そのために使っていただきたいと思います」

 

―日本の動物福祉についてどう思われますか?
「動物福祉という言葉を知っていても、どのように活動をしたり、支援できるのか、まだ多くの方が知らないと思います。
そのような中、日本初の動物専門寄付サイトであるアニマル・ドネーション様を通して、サイトを見たり、実際に寄付につながる消費をすることで認知が上がればと考えております」

 

―アニドネに一言あればお願いします
「動物たちのために何かできることをしたい、と考えることはあっても、実際どのようにしたらいいかわからないと思うティーンズはとても多いと思います。その中で、ティーンズのはじめの一歩に繋がる取り組みをアニマル・ドネーション様とできたことを嬉しく思います。継続してお取組みをさせていただき、ティーンズへの動物福祉の認知向上を目指していきたいです。

今回はこのような機会をいただきありがとうございます。これからもよろしくお願いします!」

 

ーーーーー

この度は、ピンクラテ様のキモチをカタチにして頂きありがとうございます。

オシャレを切り口として、ティーンズにもぜひ動物福祉活動を知ってもらえればと思います。
これからの時期に大活躍するアイテムを、ぜひサイトからアイテムをチェックしてみてくださいね♪

 

▼ピンクラテ公式HP https://store.world.co.jp/s/brand/pink-latte/

▼商品購入はこちら https://store.world.co.jp/s/brand/pink-latte/feature/hag_latte/

 

※掲載の文章・写真はアニマル・ドネーションが許可を得て掲載しております。無断転載はお控えください。