Animal Donation~アニマル ドネーション

 

TOP > 被災動物支援隊いわて - Save Animals in Iwate(SAI)-

被災地・岩手県の動物と飼い主さんを支援する
「被災動物支援隊いわて - Save Animals in Iwate(SAI)-」
の活動を紹介します!

SAI-SAVE ANIMALS IN IWATE-被災動物支援隊いわて
獣医師

東日本大震災発生から1年以上が経ちました。
この震災で多くの動物達が被災したことは、
既に皆さんもご存知だと思いますが、
今も多くの支援を必要としています。

岩手県の被災動物と飼い主さんを支援するために
獣医師さんを中心に立ち上がったのが、
「被災動物支援隊いわて - Save Animals in Iwate(SAI)-」です。

震災直後は、被災動物の救護・保護活動、
避難場所での医療活動、
そしてペットロスのケアが中心でしたが、
生活の場が仮設住宅に移った現在では
課題もニーズも課題も変化しています。

現状に合った活動を組織的に行い、
継続的な支援ができる体制づくりを目指し、
獣医師、保護団体、ドッグトレーナー、岩手大学農学部など、
動物に関わる様々な人々が連携をとり

  • 1) 被災動物及びその飼い主の皆様への支援
  • 2) 被災動物の診療費の一部助成
  •  
  • 3) 被災動物の保護・一時保管活動支援
  •  
  • 4) 動物と一緒に参加できる動物支援フェスティバルや健康相談会の開催

の4項目を主な目的として活動しています。
「被災動物支援隊いわて - Save Animals in Iwate(SAI)-」活動開始から約半年経った6月。
アニマル・ドネーションでは、その活動の様子を現地取材させていただきました。


活動レポート1 仮設住宅訪問 仮設住宅訪問

動物病院に通院できない、仮設住宅や遠方住宅を訪問し、治療やケアを行います

活動レポート2 ふれあいイベント ふれあいイベント

飼い主さんと愛犬、飼い主さん同士が触れ合い、笑顔になれるイベントを開催

被災動物支援隊いわてSave Animals in Iwate(SAI)

団体概要
岩手県下の被災動物の生活と健康をサポートし、その飼い主に対する支援の強化を目指すため、
獣医師、岩手大学動物病院、民間ボランティアが集結。
2012年12月の組織設立。
岩手県において動物を対象として救護支援活動を行う獣医師および動物愛護関連事業に従事する
「登録会員」と、岩手県内の各地域、各分野において「被災動物のサポートとその飼い主の支援」
を推進し、SAIの活動に協力する「サポーター会員」で構成される。
現在獣医療支援登録会員数8名、動物保護活動支援登録会員数3団体(7月末現在)。
活動内容
  • 1)被災動物及びその飼い主の皆様への支援
  • 2)被災動物の診療費の一部助成
  • 3)被災動物の保護・一時保管活動支援
  • 4)動物と一緒に参加できる動物支援フェスティバルや健康相談会の開催
を目的に活動中。

「被災動物保護サポート部門」
「応急仮設住宅サポート部門」
「被災動物医療サポート部門」の3部門に分かれ、チームで活動している。
役員
代表幹事
多田 洋悦氏(遠野市開業獣医師:愛ラブ動物病院院長)
副代表幹事
佐藤れえ子氏(盛岡市勤務獣医師:岩手大学農学部付属動物病院院長)
幹事・被災動物保護支援部門担当
本江 元臣氏(一関市開業獣医師:ほんご動物病院院長・ポチの会)
下机都美子氏(動物愛護団体代表:動物いのちの会いわて)
梶山 永江氏(宮古市ドッグトレーナー:ドッグスクールたろちゃん代表)
幹事・被災動物医療支援部門担当
久保田英治氏(宮古市開業獣医師:アトム動物病院院長)
阿部 泰朗氏(奥州市開業獣医師:吉小路動物病院院長)
小川 浩也氏(遠野市開業獣医師:とおの動物クリニック院長)
幹事・事務局
多田 雪絵氏(遠野市動物看護師:愛ラブ動物病院)
監事
安田  準氏(盛岡市勤務獣医師:岩手大学農学部獣医学科教授)
佐藤 敏彦氏(一関市開業獣医師:さとう動物病院院長)
多田洋悦先生

代表幹事・多田洋悦先生のお話

震災直後はとにかく被災動物の保護と治療が最大の課題でした。
ペットを失った飼い主さんたちのケアもありました。

保護に関しましては、仮設住宅が設置されて
飼い主さんの生活も安定し始め、
また、私どもSAI所属の3団体を中心に、
組織的に活動してきた成果もあり一旦は落ち着いております。

現在の課題は、仮設住宅で動物と生活する方々の支援となります。
仮設住宅に住まわれている方々は、ほとんどが津波で家を奪われ、
さらに仕事も失った方が多くいらっしゃいます。

従って、動物のための医療費を払う余裕はありません。
そこで、HIS様からの寄付金を医療費補助にあて、飼い主さんの負担の軽減に役立てています。
従来は、治療にのみ適用しておりましたが、仮設住宅での生活を考えますと、
予防摂取や日頃の健康管理・手入れが非常に重要となります。
今後は、補助金の適用を予防医療にも広げ、
多くの飼い主さんに利用していただけるよう促進にも励みたいと思います。
また、SAIに所属する獣医師を増やすことも大きな課題といえます。

岩手県の困っている飼い主さん全てを支援するためにも、地域差のない活動を目指していきたいと思います。

連絡先
TEL:0198-62-1801
FAX:0198-62-1700
受付応対時間9:00~17:00
(水曜午後・日曜祝祭日は留守電)
save.animals.in.iwate@gmail.com
http://sientaiiwate.web.fc2.com/

supported by ThreeLeafClover