Animal Donation~アニマル ドネーション

 

TOP > 寄付先一覧 > 公益財団法人 神奈川県動物愛護協会 詳細情報

啓発団体 公益財団法人 神奈川県動物愛護協会

この団体に寄付をする

詳細情報

活動開始日
1958年4月(法人化:1958年4月23日)
活動エリア
神奈川県
スタッフ数
専従(有給)1人 アルバイト 14人(うち週5日勤務:6人 それ以外は週1~3日勤務) ボランティア 40人
活動実績
2012年
  • 普及イベント・講習会/7回実施、動員人数500人
  • 刊行物/会報誌年1回発行、配布数2,000人
  • 海外活動/動物園問題セミナー開催(講師:ズーチェックカナダ代表)
  • マスコミ/新聞掲載1回
  • その他/学生(麻布大学他)実習等45人、大学新聞取材1回
2011年
  • 普及イベント・講習会/6回実施、動員人数500人
  • 刊行物/1回発行、配布数2,000人
  • 海外活動/フランスの雑誌取材(日本のノラ猫問題について)
  • マスコミ/新聞掲載4回、TV1回、週刊誌1回
  • その他/学生実習等44人、団体見学13団体76人
2010年
  • 普及イベント・講習会/3回実施、動員人数200人
  • 刊行物/会報誌年1回発行、配布数2,000人
  • 海外活動/ドイツ人留学生受入
  • マスコミ/新聞掲載3回、TV1回、ラジオ4回、ヤフーニュース1回
  • その他/学生実習等41人、団体見学9団体32人
団体設立の
きっかけ・沿革

動物愛護の精神に基づき、神奈川県の元県知事夫人により設立


1958年 設立。保護シェルターと附属動物病院を併設する施設を横浜市港北区に構える(現在と同所在地)
会長は当時の県知事夫人である内山登志子氏。
1962年 動物愛護のポスター、パンフレット、リーフレット及び会報「動愛」を作成し配布する。
特定地域(手術の必要性が高いと判断される場所)において犬猫の不妊去勢手術を無料でおこなう
1970年 施設での保護犬および不要な犬を持っている人と、犬を貰い受けたい人とを仲立ちする交換会を開催
1972年 神奈川県犬管理センターで譲渡された犬の正しい飼育法の指導、健康診断、
疾病の治療など愛犬教室を開催
1979年 4月から12月まで神奈川県と契約を結び、「猫取引き事業」を実施
1992年 スペインの闘牛反対署名運動を開始
ジュニアメンバーによる里親会の追跡実施調査
裏パドック犬舎の完成
1995年 本会施設内にて阪神被災犬猫の里親探し会を開催
2013年 公益財団法人へ移行(*2012年度より公益財団法人に向けた会計基準に変更)
団体のビジョン

目指すのは動物愛護団体が存在しない社会


2013年4月「公益財団法人」へ移行。公益目的事業としては、動物救済に関する事業と普及啓発・調査研究・行政参画等事業にであるが、現状では保護譲渡・ノラ猫のTNR(地域猫の避妊去勢問題)・電話相談対応が活動の大部分を占めている。今後は、積極的な普及啓発活動を展開したいと考える。新たに着手する「動物愛護検定事業」は収益を上げつつ普及活動を行うツールの一つとして位置付けて展開する予定である。長期目標としては、県内に支部を置き、地域ごとの対応ができる体制へ向け整備中。収益目的事業としは、動物病院の経営を行っている。
動物保護施設、病院施設共に、築50年以上を経て老朽化をしているため、今後は、施設の修理整備を行いつつ、保護動物のQOLを高める活動を行う。しかし、本当の理想は動物愛護団体が存在しなくとも、動物たちが幸せに暮らせる社会を築くことをビジョンとしている
団体の特色

「動物保護施設」と「動物病院を持つ公益財団法人


保護施設内には、動物病院を併設している。一般の方の診療費を公益目的事業に充てることから、一般診療を受けることで動物愛護活動への協力を行うことになる。また、長年培った動物愛護に対するノウハウをもとに、2010年度より大学・行政と協働しTNR調査(地域猫の避妊去勢問題)を行っている。そして、他団体でなかなか着手が難しい問題では、環境省から許可を得てアライグマの保護譲渡を行い、保護対象外とされているドバトやカラスについても可能な範囲で対応している。その他、法律・条例改正への提言や周知活動に力を入れている。神奈川県動物愛護管理推進協議会委員、神奈川県サル対策並びにアライグマ防除対策専門部会委員
活動内容
動物に対する調査研究
調査結果・報告書の配布
見学・施策・研修生の受け入れ
動物の飼育管理の改善指導・相談全般
研修・セミナー・シンポジウムの開催
行政との連携事業・政策提案・アドボカシー
飼い主及び拾得者からの動物の保護活動
譲渡会の開催・保護施設での保護活動
付属動物病院におけるノラ猫・飼犬猫の不妊去勢手術
伝染病予防ワクチンの推進
ノラ猫の捕獲代行
神奈川県動物行政の計画等に関与
定期イベント
月2回の譲渡会
月1回チャリティバザー(7・8月除く)
年4回街頭募金(春2回、秋2回)
年1回写真展
不定期にて動物関連セミナー実施

この団体に寄付をする

会計情報

収入
2012年 2011年
事業収入 32,250,010円 6,174,977円
寄付金収入 6,663,354円 36,102,742円
会費収入 2,424,000円 1,906,000円
補助金収入 800,000円 300,000円
雑収入 96,435円 82,327円
繰越金収入 14,131,777円 12,717,436円
基本財産運用収入 396円 920円
特定資産運用収入 240円 ー   
退職金積立取崩 6,622円 400,000円
合計 56,372,834円 57,684,402円
支出
2012年 2011年
収益事業医療費 8,016,449円 9,772,394円
公益目的事業医療費 2,093,783円 *上記に含む
動物保護管理費等 1,742,148円 1,459,837円
施設維持費 3,298,460円 1,334,797円
借地料 1,830,720円 1,830,720円
普及事業費 757,546円 528,166円
管理費 2,455,968円 5,202,279円
管理人件費 1,792,599円 8,349,5t01円
事業人件費 21,391,526円 14,658,940円
寄付金支出 55,000円 415,991円
減価償却費 622,819円 *別処理
合計 44,057,018円 43,552,625円


supported by ThreeLeafClover