2015.4.23

「公益社団法人」として認定されました!

 

動物のためのオンライン寄付サイト
「アニマル・ドネーション」は
平成27年4月20日に内閣総理大臣より
「公益社団法人」として認定されましたことを
ご報告させていただきます。

111

これまでは、一般社団法人でしたが、
「公益社団法人」としての活動となります。

さて、なにが違うの?と、皆様思われるかも
知れませんね。
アニドネにとっては、実は大変に大きな
ステップアップなのですよ(^.^)
「公益法人」なら、信頼できるかな?とか、
企業からの寄付もしやすいのかな、という
印象をお持ちかとは思われますが、
一番大きな違いは、個人の方も企業の方も
「税制上の優遇措置を受けることができる」です。

皆様からいただいた寄付は、アニドネを経由することにより、
寄付金控除等の税制優遇措置の対象となります。

 

【公益法人について】
ウィキペディア 公益法人http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E7%9B%8A%E6%B3%95%E4%BA%BA

内閣府 公益法人制度
http://www.cao.go.jp/others/koeki_npo/koeki_npo_seido.html

 

【寄付金の優遇税制について】
所得控除用(個人)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1150.htm

特別損金算入限度額用(法人)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5283.htm

 

0092eb8689e81bd32abe3933f56be87611

アニドネ運営メンバーで「公益法人取得を目指そう!」と
本気で覚悟したのは、昨年の夏くらいでしょうか。
それから、リサーチ・勉強会をし、
新たな組織作り・仕組み作りをし、
申請書類と作り(かなりのボリューム ^_^;)、
内閣府様とさまざまなやり取りをしました。

その中で、自分たちができること、
世の中に貢献したいこと、
この先どういった存在でありたいか、、など
日本という国、そしてその国の動物福祉、
その中での「アニドネ」はどうあるべきか、、
自分たちを見つめる道のりでありました。

アニドネは、動物たちのために活動する非営利団体を
多くの方が支援できる仕組みを作ることで、
1頭でも多くの動物を救いたい、
またそれを情報サイトにすることで、1人でも多くの方に
日本の動物福祉の現状を知っていただいたいと、
動物をこよなく愛するメンバーが活動して参りました。

そして、今回「公益法人」として認定されたことは
私たちのこれまでの活動が高い「公益性」をもつ、と
認められたことになります。

寄付サイトの運営法人の中で「公益法人」である
のは、おそらく2法人目、
動物系を対象とした法人では、日本初となります。

サイトオープンから、約3年半で取得できたことを
アニドネ運営スタッフ一同、大変嬉しく思っております。
認定をいただけたのは、私たちの活動に賛同し、
温かい支援をくださった多くの方のおかげです。
これまでに、アニドネを経由し、活動する団体への
寄付額は4000万円近くになりました。

そして、、嬉しく思う以上に、
社会的責任を強く感じております。
今後、より社会に役立つよう、
気を引き締め活動をしていくつもりです。

公益性が認められたということは
あらゆる活動において「透明性と公平性」が強く求められると
思っています。

具体的には、対外的な取引や内部の意思決定など
組織運営におけるあらゆる活動において、
恣意性が入り込まないようなプロセスを大切にしたり、
そのプロセスを明示できるように記録や書類の整備などを
着手し始めております。

「公益法人」の名に恥じぬよう
自らの襟を正す仕組みを多く入れたいと
考えています。
業務は今まで以上に大変に違いありません。
ですが、長期的な視点に立つと、
組織を継続的に安定運営させて、
行政や寄付をくださる皆様から信頼を得ることは、
アニドネがより多くの支援や共感を
受けられることにもつながっていくため、
とても大切な取り組みであると考えています。

取り急ぎのご報告となります。
今後、現在のWEBサイトの規定や表記など
随時変更してまいります。

どうぞ、引き続き、アニドネを応援してくださいますよう
何卒よろしくお願いいたします!

B-31

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アニドネHP http://www.animaldonation.org/

アニドネFB https://www.facebook.com/animaldonation

アニドネツイッター https://twitter.com/anidone

 

wrote:アニドネスタッフ